独学でもピアノは弾ける!ただ演奏者の表現に必要な先生の助言の効果

『ある程度大人になってしまったので、今さらピアノ教室へ通ってレッスンをしてもらうのは恥ずかしいから独学でもピアノを弾くことはかのうでしょうか?』と相談されることがたまにあります。その場合には『まず、子供の頃から習っていないと大人になってからピアノを弾くことは無理だという固定観念は捨ててください』と言うことにしています。近頃ではインターネットで初心者向けの楽譜を紹介してくれていたり、楽器店に行けば、実際にどの程度の楽譜なのか目で見て確認することも出来るので、今からプロのピアニストを目指すのでなければ、ある程度独学であっても弾けるようにはなると思います。必要なのは“やる気”と“やめてしまわないこと”で、自分のペースでゆっくり稽古することで、かなりの曲を弾くことが出来るようになると思います。

ただ独学では限界があることも事実です。それは音の表現や音の感覚である音感やリズム感などは自分一人ではなかなか難しいもので、合っている時は問題ないのですがズレてしまった時は大変なので、やはり先生の指導を仰ぐことが大切になってくると思います。自分では悪い癖を見つけることも直すことも難しいけれど、その辺りを先生は発見してくれ、良い方法を教えてくれると思います。

最近では大人からピアノを始めたいと思って音楽教室に通う人も増えているので、決して恥ずかしいことはありません。教わる側と教える側の心が通じた時に一人では感じられなかった音楽の魅力を知ることが出来ると思います。

  • 「ピアノ教室ナビ!アナタの身近にあるピアノ教室を探しましょう!」で検索しよう!
  • サイトマップ