両手でピアノを弾くための練習方法とスムーズに両手が動くコツとは?

ピアノを始めてみた場合に、一番難しいと思うのは右手と左手が全く違う動きをするということではないでしょうか?もちろん最初から両手で弾くということはしませんが、出来るだけ早く両手で弾きたいと思う希望は誰にでもあると思われます。そこで、両手でピアノを弾くためにはどんな練習をするのが効果的であるのかを紹介してみたいと思います。

まずは右手だけの練習を徹底的に行うということが大切です。右手で弾くのは重要なメロディ部分が多いので、楽譜を見ないでも弾けるくらいにするのが理想です。その場合には、ただ弾く練習をするのだけではなく、頭の中で歌いながら弾く習慣をつけておくことで、音楽の表現もわかってきますし、両手で合わせて弾いた場合にもテンポを取りやすいからです。右手がスムーズに弾けるようになったら、今度は左手のみの練習をします。左手では伴奏を弾く場合が多いので、音量なども考えながら練習するといいと思います。ここで忘れてはならないのが、それぞれの片手練習で、一度に最後までを弾かないということです。1曲を数小説に区切って、まずはゆっくり弾くことから始め、出来れば少しずつスピードをあげていくのがコツです。

方手ずつの練習が出来たら次は両手で弾く練習に入ります。しかし、余分な力が入ったり、思うように弾くことが出来ない場合もありますが、そんな時は方手を録音しておいて、それを流しながらもう片方を弾いて練習するのも効果がありますし、他にも、まずは左右同じメロディを弾く練習をして、両手で弾くことに慣れていくという方法も有効です。

思うように弾くことが出来ないとイライラしてしまい、やめたくなることもあると思いますが、そんな時はCDなどで音楽を聴いて、また弾きたくなれば練習してみるという方法も初心者の方には有効だと思います。いろんな方法があると思いますので、自分に合った練習方法を見つけて、両手で弾くことに挑戦してほしいと思います。

  • 「ピアノ教室ナビ!アナタの身近にあるピアノ教室を探しましょう!」で検索しよう!
  • サイトマップ