ピアノ教室で教えることは、演奏技術以外に音取り、リズムと感情表現

ピアノ教室でピアノを習うというと、どうもクラシックを教えてもらうというイメージがあるのですが、最近ではクラシックだけではなく、ポピュラーやジャズなどのジャンルを教えてくれるピアノ教室も数多くあるようです。もちろん基礎も指導してもらえるのですが、大人の方が趣味として弾きたい曲や好きな曲を親切に教えてくれるピアノ教室に人気が集まるようで、仕事の帰りに教室に通うOLさんやお父さん達の熱心な姿を目にすることがあります。

上記のように大人になって始める方や、一度挫折してしまったけど、どうしても弾きたい曲があるという人達は楽しんでピアノのお稽古をしていただいたら良いと思うのですが、実績のあるピアノ教室ではそれだけではなく、たとえば受講者側にグレードという級の取得を希望する人や音大を受験希望する人や、あるいはコンクールに出るという人には、その人達に応じたレッスンをされているようです。

後は初級・中級・上級にそって指導されており、どの人にも中級・上級へと進む可能性はあるようです。また、子供達のお稽古においてはピアノを弾くことだけでなく、先生が簡単なメロディをピアノで弾いて、その模倣をしたり、音取りをしたり、時には歌を歌ったり、手を叩いてリズムを取る勉強をしたり、一見ピアノ教室でもするの?というような勉強をすることもあります。ピアノ教室であっても、音楽には全て共通することはたくさんあるので、こうした音取りやリズム感を養うことでピアノの技術が向上することもあると考えているのです。音楽が音が苦にならないようにピアノの先生達は日夜努力しているのです。

  • 「ピアノ教室ナビ!アナタの身近にあるピアノ教室を探しましょう!」で検索しよう!
  • サイトマップ