聴こえた音がドレミでわかってしまう絶対音感を身につける天性と訓練

音楽高校や音楽大学を受験する場合には必ず【聴音】といって、先生がピアノで弾かれた音を5線紙に書き留める試験があります。【絶対音感】とはさらに高度な音感の持ち主で、ある音を単独に聴いた時、その音の高さを音名で即座に答え、当てることが出来る感覚のことをいいます。しかしながら、個人でレベルの違いはあるようで、楽器が出す音のみわかる人もいれば、周波数の違いまでわかる人もいるようです。わかりやすくいえば、例えばピアノで《ド・レ・ミ》と弾いた場合にそれを口に出して『ドレミ』と言う人であったり、そうかと思えば、机をコンコンと叩いただけでそれが《どれみ》のどの音になるかを言い当てる人まで様々あります。後者が持つ絶対音感では雨がポタポタと落ちる音までわかってしまうので、逆に疲れるのだということです。

さて、今聴いた音の次の音が高いのか低いのかがわかる相対音感に対する絶対音感は訓練すれば誰でも身につくものなのでしょうか?それとも小さければ小さい用事の頃程つきやすいものなのでしょうか?『幼い時期に音楽を始めれば絶対音感はつきやすい!』と言われる方もいらっしゃいますが、それはどうもあてにはならないように思います。それは絶対音感は持って生れた天性と後の正しい訓練によって身につくと考えられるからです。

音楽を始めるにあたって、絶対音感が必ず必要であるか?といえば決してそんなことはないと思います。周波数までわからなくても、音の高さを感じる訓練やピアノで弾かれた音を何の音か当てる訓練でも十分に音楽に対する効果はあると思われますし、音当てで正解した時の楽しさが味わえるのも音感を高める1つの方法ではないでしょうか?!

  • 「ピアノ教室ナビ!アナタの身近にあるピアノ教室を探しましょう!」で検索しよう!
  • サイトマップ