ピアノの先生が自分で教室を開くタイプと音楽教室での講師タイプとは

ピアノの先生になりたいと思った場合、ピアノの先生のための資格や認定などはないので、誰でもピアノを弾くことができれば先生にはなれるとはいうのですが、一般には音楽専門の大学できちんとピアノの勉強をすることが望ましいと思われます。そして、そればかりではなく、ピアノの先生というのは、ピアノを弾けるようになりたいと思う人の望みを少しでも叶えてあげるのが役目なので、やはりピアノの先生には向いている人とそうでない人がいるように思われます。

まずピアノの先生として働く場合には、音楽教室を開いている楽器店や個人で開いている音楽教室などでピアノの先生として雇ってもらうという方法があります。楽器店によってはピアノの腕前をみる実技試験と音楽に関する一般の知識を問われる採用試験があったり、面接だけで採用される場合もあります。音楽教室の場合は、他の楽器担当の先生がいることもあるので、その先生たちとも上手くつき合っていける性格の人が向いているのではないか?と思います。また自分自身でピアノ教室を開く、2つ目の方法では人間関係はさっぱりしているので、その辺の気を使うことは少ないかもしれませんが、教室の運営をも自分でしなければならないので、それなりの知識を得るための努力が必要になってくると思います。なので、事務的なことも出来る人が向いていると思います。

どちらにせよピアノの先生になるには、生徒に尊敬される人でなければいけません。すぐに気分で怒ってしまったり、逆に悩んでしまうような先生では楽しくピアノのレッスンを受けることは出来ません。ピアノの先生には、明るく話しやすい性格の人が向いているのではないかと思われます。

  • 「ピアノ教室ナビ!アナタの身近にあるピアノ教室を探しましょう!」で検索しよう!
  • サイトマップ